Admin Tutorial

カテゴリ設定&ドキュメントフォーム登録

8_jp
Docswave Team
Written by Docswave Team

文書のフォームを登録する時は、まず、ドキュメントのカテゴリを設定してください。そして文書のフォームを作ってください。

フォームはDocswaveが提供するウェブフォーム、Googleドキュメントフォーム、プレミアムフォームを利用して登録してみましょう。

会社で使用している文書をそのままDocswaveで使用することができ、もし適合なフォームがなかった場合は、Docswaveが提供するフォームをコピーして登録することができます。

Docswaveでは、様々なドキュメントのフォームを無料で提供しています。 (提供されたフォームで登録する方法を見る)


Docswaveフォムの種
Docswaveフォムの登する方
1. 文書カテゴリを設定する
2. フォムを登する
3. 直接フォムを登する(Googleドキュメントのフォム&ウェブフォーム)
4. フォムカテゴリーの変フォムを削除する

Docswaveフォムの種

A. ウェブフォーム (Web Form)

: ウェブエディター(Web Editor)を活用したフリーフォームです。インターフェイスがすっきりしており利用速度が非常に速いです。数字の計算が必要では無い文書フォーム(レポート、企画書、議事録など)に適しています。

B. Googleドキュメントフォ (Google Docs Form)

: Googleドキュメントを活用したフリーフォームです。Googleドキュメントとは、Googleが提供するGoogle Docs、Google Sheets、Google Slidesで作成できます。MS Officeのエクセル、ワード、プレゼンテーションと互換できます。Googleの優れたセキュリティ技術が使用されるため非常に安全です。ただし、速度が遅いという欠点があります。

C. プレミアムフォ (Premium Form)

: Docswave運営チームは、HTMLで作成した有料のフォームです。休暇申請書、支出決議書など一定の様式で簡便に文書を作成し、ユーザー固有の統計データ(業務の自動化)を確認することができます。速度も非常に速く、業務担当者への負担を減らすことができます。

文書様式で日本語文書やPDFを登することはできません 

Docswaveフォムを登

 

管理者>文書フォム管理へアクセスしてください。

1jp

1. 文書カテゴリを設定する


(1) 文書カテゴリを追加する

2jp

トップカテゴリである「Share Form」を選択した状態で、「+カテゴリの追加」ボタンをクリックすると、サブカテゴリを作成することができます。(この時、カテゴリ名を入力した後、[追加ボタン]を押してください。)

(2) 文書カテゴリを更する

3jp

また、カテゴリを選択して、「修正」アイコンをクリックすると、カテゴリ名を変更することができます。([修正]ボタンを押してください。)

(3) 文書カテゴリを削除する

「ゴミ箱」ボタンをクリックすると、「削除」することができます。(そのカテゴリに文書フォームを指定した場合、フォームを削除するか、別のカテゴリに変更してください。)


2. フォムを登する

フォームを登録するには、[+フォムの登]ボタンをクリックします。

4jp

A. 直接登

: 管理者が、フォームを直接登録することができる機能です。

5jp

(1) Google Drive

「インポト」ボタンをクリックすると、私のGoogle Driveポップアップが表示されます。Google Driveで作成した、またはのせた文書を読み込んでフォームに使用してください。

(2) Docswave提供フォ

ボタンをクリックすると、下記のように提供フォームのリスト画面に移動します。リストのいずれかのフォームを選択し、「文書の使用」ボタンをクリックすると、ユーザーの共同フォームにコピーされます。

(3) 直接作成する

ウェブフォーム(Web Form)とGoogleドキュメントツール(Docs、Spread sheet、Presentation)を使用して、管理者が直接フォームを作成することができます。

B. Docswave提供フォ

Docswave運営チームが製作したフォームです。 (提供フォーム登録方法を見る)


3. 直接フォムを登する


A. 直接フォームの項目

9jp

(1) 直接登録項目でウェブフォーム(Web form)やGoogleドキュメントのフォーム(Docs、Spreadsheet、Slide)を選択します。

(2) タイトルを入力して、[作成する]ボタンをクリックします。

B. フォムの詳細ペ
[Googleドキュメントフォ]

7jp

(1)フォームのタイトルと説明を記入してください。

(2)Googleドキュメントを利用して、フォームを作成します。

(3)「保存」ボタンをクリックすると、フォームが保存されます。

※プレミアムサービスを利用すれば、フォームごとに承認プロセスを設定することができます! (プロセスをマッチングする方法を見る)

[ウェブフォームの様式]

10jp

(1) フォームのタイトルと説明を記入してください。

(2) ウェブフォームエディターを利用してフォームを作成します。

(3) 「保存」ボタンをクリックすると、フォームが保存されます。

※作成者が起案をしたときに、ドキュメントの起案者情報と作成日を自動的に入力したい場合は? ( Docswaveタタグを利用する )


4. フォムカテゴリー変フォムを削除する

6jp

(1) フォムの指定されたカテゴリを更する

フォーム文書のカテゴリや多数のフォームのカテゴリを変更するには、フォムを選し、「カテゴリ」ボタンをクリックして変更します。

(2) フォムを削除する

フォームを選択して、「削除」ボタンをクリックすると、削除されます。(使用しているフォームを削除しても承認が進行中の文書には影響しません。)

This post is also available in: 韓国語 英語 簡体中国語 繁体中国語

About the author

Docswave Team

Docswave Team