Premium Tutorial

会計担当者の仕事を軽減する「支出決議書」を使用する方法

expense2_jp
Docswave Team
Written by Docswave Team

DOCSWAVE会員のために「支出決議書」が発売されました。支出決議書(Premium Form)に複雑な支出を迅速かつ容易に作成することができ、従業員が各自の支出内訳を簡単に確認することができます。

 

◎「支出決議書」をこのように使用してください!

 – 務のため、費の支出があった場合は、使用履歴と証明資料(金計算書、計算書、カドの領書、現金領書)を添付し報告してください! 

◎「支出統計」機能を利用してみてください!

 – アカウント科目別、業員別、年度別に資金の使用内訳を確認してください

 

Free Trial & Premium Only

無料トライアルとプレミアムの組織のみ利用できる「支出決議書」と「支出統計」の使用方法です。

※プレミアム組織じゃないの?なら、プレミアムへアップグレしてみてください!まず、テストだけしたい場合は、無料トライアルをご利用してみてください!

 


管理者の設定

1.支出決議書を登する
2.支出決議書を設定する(アカウント科目、タイトルのルル、プロセス)

一般的な使い方

1.支出決議書を作成する
2.支出の統計を確認する


 

管理者の設定

1.支出決議書を登

*2016年11月22日以前の組織に該当します。以降、作成された組織は、文書のフォームリストに自動的に登録されています。

(1) DOCSWAVE提供フォーム(リンク)に接続してPremium formメニューをクリックします。

(2) 「支出決意フォーム」を選択して、[選択文書を使用]ボタンをクリックします。「文書のカテゴリ」を設定した後、[OK]ボタンを押して、支出決議書をコピーします。文書フォームのメニューに戻りフォームを確認します。

 

2. 支出決議書を設定する

A. フォム名と

支出決議書フォームと説明を変更したり、追加することができます。

(1)支出決議書フォームの名前を変更したり、フォームの説明を追加します。
(2)[保存]ボタンをクリックします。

 

B. 起案文書のタイトルルルの設定

支出決議書のみのタイトルルールを設定することができます。別途で変更しない場合、組織の管理メニューから設定できる「起案文書のタイトルルール」と同様に設定されます。

リンク: 組織情報の設定/管理をする チュトリアルの8番を照してください

 

C. アカウント科目管理

会計に必要なアカウント科目を設定することができます。会社内規に合わせて設定してください。

(1) アカウント科目管理項目の[変更]ボタンをクリックします。
(2) [+]ボタンを押してアカウントの科目を追加することができます。
(3) アカウント科目名を変更したり、削除することができます。

 

D. 承認プロセスを設定する

従業員が支出決議書を利用できるように、管理者が事前に承認処理を設定しておくことができます。DOCSWAVE承認プロセスだけの「起案者が直接選択」機能を利用すれば、どこの部門の従業員であっても簡単に起案することができます。

リンク文書のフォムに、プロセスマッチングする チュトリアルを照してください!

 


 

一般的な使用法

1. 支出決議書を作成する

(1) 「起案文書の作成」メニューをクリックして、「支出決議書」をクリックします。

(2) すべての項目を入力してプロセス設定とファイルの添付後、[起案する]ボタンを押して起案します。

 

2. 支出の統計を確認する

(1) “Workflow” メニューの「支出統計」メニューをクリックします。

(2) [組織員の選択]ボタンをクリックすると、組織図のポップアップウィンドウが表示され、従業員を選択すると、従業員ごとの資金の使用内訳を確認することができます。*管理者のみ利用可能

(3) [フィルター]ボタンをクリックすると、「期間」、「検索語」、「承認手段」で検索することができます。

(4) [Excelのダウンロード]ボタンをクリックすると、検索履歴通りに使用履歴をダウンロードすることができます。

This post is also available in: 韓国語

About the author

Docswave Team

Docswave Team