Admin Tutorial

DOCSWAVE組織の生成する方法

dw_creation_jp
docswave
Written by docswave
qna_banner

こんにちは!Docswaveを利用するための開始段階!「Docswave組織の生成方法」をご案内します。

 

ステップ1[Docswave開始する]ボタンをクリック

Docswaveホームページ中央に見えるDocswave開始する]ボタンを押してください!我々組織の電子承認ページを生成する画面に移動します。

※注意:Docswaveをまずはテストする目的であれば、担当者様のメールアカウントでログインしても構いません。しかし、際の導入時には、退した後、社の共有カウント(master@)で再生成してください。

Docswave組織を作る人を代表アカウント(組織の所有者)といいますが、Docswaveで使用されるすべてのデータは、このアカウントのGoogleドライブに保存されます。したがって、個人のアカウントを代表アカウントとして利用すると、アカウントの削除時のデータ損失の危険性があります!

jp1

 

2. Googleアカウントでログイン

Docswaveを利用するには、まずGoogleアカウントが必要です。GoogleアカウントとはGmail(@ gmail.com)、G Suite(@mycompany.com)のアカウントなどを指します。  詳細については、Googleアカウントの機能比較ポスティングを参照してください!

※Gmail以外のメールアドレスを使用したい場合は、Google Driveアカウントで登録してください!

2

※この際、下記のように数回、Docswaveで次の要請をします!という同意する画面が表示されることがあります。Docswaveを利用するための「基本情報」と「Googleのドライブの代わりに保存」、「カレンダーの代わりに登録」などのことを実行するための同意を求める画面です。[許可]ボタンを押してください。その後に電子承認をご利用いただけます!(セキュリティに関する説明)

jp5

 

 

ステップ3社情報の入

簡単な会社情報を入力した後に、次の[CREATE DOCSWAVE]ボタンを押してください!その後3分ほど待つと、組織の生成が完了します!

※すべての情報は、組織の生成後に再することができます。

jp3

最後のステップ。Docswave組織の生成完了 

下の画面のように[組織名ボタン]をクリックすると、Docswaveページに移動します!

jp4

>>Docswaveに移動して、組織を生成する!

 

※組織を生成すると、代表のアカウント(組織を作ったアカウント)のグーグルドライブにDocswaveフォルダが自動生成されます。

フォルダを削除したり、共有設定を変更しないで、ファイルを移動しないでください!

jp6

This post is also available in: 韓国語

About the author

docswave

docswave